電話相談のご案内

関西いのちの電話              自殺予防いのちの電話

06-6309-1121                                  0120-783-556(8月より番号が変わりました)

(24時間365日)                             (毎月10日午前8時~翌朝8時)



new!◆自殺予防公開セミナー&ボランティア説明会

           2017年2月2日(木)19:00~

           難波市民学習センター

           講師 大阪女学院大学教授 安田 一之 氏

           こころを伝えあえていますか~聴くということ~

new!◆第53期 電話相談ボランティア養成講座を募集いたします

             募集要項詳細画面へ

               相談員募集CMが完成しました!

        

new!◆第35回公開講座を開催します

              2017年2月18日(土)13:30~

             大阪YMCA会館2Fホール

             講師 柳田 邦男 氏(ノンフィクション作家)

◆第21回チャリティコンサートを開催します

        ~このイベントは終了いたしました~

当日、約630名ものお客様にご来場いただき、盛会裡におえることができました。

創立43周年記念バザーを行います

            ~このイベントは終了いたしました~

たくさんの方々にご来場いただき、ありがとうございました。



いのちの電話とは

「いのちの電話」という活動団体をご存知でしょうか。


いのちの電話のルーツは、1953年、イギリスのロンドンで始まった「サマリタンズ」にあります。一人の少女の「自殺します」という電話がきっかけとなって、キリスト教の一つの派である英国国教会の牧師チャド・バラが始められたものです。〝死にたいと思っている人、悩んでいる人、またいろいろな人生の相談ごとや助けを求めている人たちが、電話をかけてこられるようにという願いからスタートした〟と言われています。
 
このような活動から、心を閉ざし、何かを訴えたいと思う人たちの間に大きな反響が生まれ、その後、世界各地、日本の各都市に、この電話相談の活動が拡がっていきました。
 
大阪では、1973年に「関西いのちの電話」が設立され、以来24時間体制で、ボランテイアの相談員が相談に応じてきました。現在は、約340名の相談員が活動しています。


世の中がスピード化し、競争社会となり、経済的に社会的に疲れを感じて取り残され・・・孤独感、絶望感、喪失感でいっぱいの人たちが少なくありません。そのような人たちの声に耳を傾け、寄り添うことによって、その人のこころが少しでも和らぎ、希望と勇気をもって、再び生きていかれることを願いながら活動しています。
 
この活動を支えるために、三つのお願いがあります。

  1. 「関西いのちの電話」はボランテイアの団体です。電話相談のボランテイアにご応募ください。
  2. 「関西いのちの電話」は、個人・団体有志からの善意の寄付によって運営されています。資金ボランテイアとして、ご参加ください。
  3. 「いのちの電話」が在ることを家族、友人、知人のみなさまにお知らせください。